スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Handbrakeの連続エンコード処理

今回はHandbrakeを使って大量に溜まっているテレビ録画のエンコード処理をするための設定をしたのでその備忘録として

参考ブログ

上記ブログを参考とさせて頂きました。ありがとうございましたm(__)m
正直なところバッチファイルの書き方のメソッドは理解できておりませんのでその辺を知りたい場合はあちらを熟読ください。

HandbrakeはMac OS、Linux、Windowsの3つのプラットフォームで使えるソフトですが
今回はWindowsで使うことを前提として書かせて頂きます。
他のOSについては全く門外漢ですので悪しからず…

①Handbrakeのインストール
まずは大元であるHandbrakeが無ければ始まりません。
ここからWindows用のものを落とします。
32bit OSであれば32bit用を、64bit OSであれば64bit用でいいでしょう。
”Nightly Builds”というのはいわゆるベータ版のことらしいです。
新しい機能が使えたりする反面、安定性に難があったりするようですので基本的には手を出さないほうがいいでしょう。

handbrakedownload.png


落としてきたファイルを実行して出てくるダイアログに従っていけばインストールは完了です。


②Handbrakeの中身
先ほどインストールしたHandbrakeの中には”GUI”版と”CUI”版が含まれています。

GUI=Graphical User Interface
いつも皆さんが使っているアプリケーションのようにマウスで操作できるもの

CLI=Command Line Interface
コマンドプロンプトから実行するタイプ
最近では大体のソフトがGUI化されているのでなかなか馴染みがないですよね。

どちらもCドライブ→Program Files→Handbrake のフォルダの中に入っています。
32bit版を入れた場合はCドライブ→Program Files (x86)→Handbrakeになります。

今回使うのはCLI版(HandBrakeCLI.exe)です。


③バッチファイルの準備その1
とりあえずは以下のコードをコピーしてメモ帳へ貼り付け
”TS2MP4.bat”という名前で保存してください。



@echo off
:: プログラムパスとオプションの定義
set HB="C:\Program Files\HandBrake\HandBrakeCLI.exe"
set OPT=-f mp4 -e "x264" --x264-preset "slow" -q "22" --h264-level "4.1" --vfr -B "320" -6 "stereo" -E "fdk_aac" -R "48" -w 1920 -l 1080

:: 出力パス
set TSTMP="D:\mp4"

if /i not "%~x1"==".ts" goto error

%HB% %OPT% -i %1 -o "%TSTMP%\%~n1.mp4"

goto end

:error
echo "Input file error %1"

:end



3行目には使用するHandbrakeのある場所を指定します。
4行目はどのようにエンコードするのか条件を記します。
7行目はエンコードしたファイルを出力するフォルダ
9行目はなんのファイルをエンコードするか(今回はテレビ録画したものを扱うので拡張子”.ts”のファイル)

この辺をご自身の環境に合わせて書き換えてください。

完成したらこのバッチファイルにエンコードする動画をドラッグアンドドロップしてみましょう。
問題なく書けていればドス窓が起動して文字が羅列され、進行状況のパーセンテージがどんどん進んでいくでしょう。

記述が間違っているときは一瞬だけドス窓が現れてすぐ消えてしまいます。
もう一度よく見なおしてみましょう。


④QUEファイルの準備
デスクトップ画面のなにもないところで右クリック→新規作成→テキスト ドキュメント
できたテキストドキュメントは何も書かずに”que.txt”という名前を付けてデスクトップに保存


⑤バッチファイル準備その2
下記のコードをコピーしてメモ帳へ貼り付け、好きな名前”~~~.bat”として保存します。



@echo off
set QUE=C:\Users\ユーザー名\Desktop\que.txt

for /f "delims=" %%f in (%QUE%) do (
TS2MP4.BAT %%f
)


2行目で④で作った”que.txt”というファイルの場所を指定します。


⑥ファイルの配置
作成した2つのバッチファイルを”que.txt”と同じデスクトップに配置します。


⑦エンコードするファイルの準備
エンコードしたいファイル複数を1つのフォルダに集めます。

ここからファイル名を一括変更できるソフトをダウンロードし使えるようにします。
使い方はVectorを参照のこと

ソフトを利用してエンコードするファイルの名前の中にある半角スペースを他の文字に置き換える。


⑧QUEの作成
エンコードしたい動画複数を選択し、Shiftキーを押しながら右クリック→パスのコピー
これでエンコードする動画名がクリップボードにコピーされました。

次に”que.txt”を開きクリップボードの内容を貼り付けて上書き保存して閉じる。

⑨自動エンコード開始
最後に⑤で作った”~~~.bat”をダブルクリック
上手く行けばそのまま連続してQUEに保存した動画がエンコードされます。
すぐにドス窓が消えてしまう場合はどこかに記述ミスがあるので要確認


環境構築の手順としてはこんなものでしょうか。

無事にエンコードが完了したら変換後の動画を確認しましょう。
ファイルサイズは目標まで縮んでいるか
実際に再生してみて画質は満足行くか

ここからあとは各自の主観なので納得できるまでエンコード条件を詰めてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。

自動エンコード環境を作りたくてたどり着きました。
こちらのbatを参考にさせていただき、
無事、自分なりの自動エンコード環境を作ることが出来ました。
本当にありがとう!感謝!感謝です!!

Re: 初めまして。

> 自動エンコード環境を作りたくてたどり着きました。
> こちらのbatを参考にさせていただき、
> 無事、自分なりの自動エンコード環境を作ることが出来ました。
> 本当にありがとう!感謝!感謝です!!

はじめまして!
拙い文章読んで頂きありがとうございます。
少しでもお役に立てたようで何よりです。
これからもよろしければまた来てくださいね。
プロフィール

雷電

Author:雷電
パソコン弄りとアニメをこよなく愛するオッサン
だがどちらに対しても知識レベルはあまり高くないという残念仕様…orz
あまりテキトーなこと言ってましたらビシバシツッコミ入れて下さいっす。

好きなアニメ作品
神:のんのんびより
魔法少女まどか☆マギカ
名作:AIR(京アニ版)
CLANNAD(京アニ版)
良作:ひだまりスケッチ
きんいろモザイク

愛機
1号
CPU:core i7-4930K
M/B:ASUSTek SABERTOOTH X79
MEM:CFD W3U1600HQ-4G
2セット
SSD:CFD CSSD-S6T256NHG5Q
HDD:WesternDigital
赤4TB✕2
CASE:Corsair
Veangence C70
CPU Cooler:Thermaltake
NiC L32
PSU:SilverStone
SST-ST1000-P
VGA:玄人志向
RH5450-LE512HD/D3/HS/G2
TUNER:EARTHSOFT PT3✕2
PT2
ODD:Pioneer
BDR-208XJBK/WS

2号
CPU:core i7-5960X
M/B:ASUSTek
Rampage V Extreme
MEM:Kingston
HyperX Fury DDR4-2666 4GB*4
SSD:Crucial
CT256MX100SSD1
SANDISK SSD PLUS 128GB
HDD:WesternDigital Blue SSHD 4TB
CASE:Thermaltake
Core V31
CPU Cooler:Thermaltake
Water 3.0 Ultimate
PSU:ENERMAX EMR1500EWT
VGA:SAPPHIRE R9 290X
PowerColor R9 290X
(2基ともクーラーを
Raijintek Morpheusに換装)
TUNER:-
ODD:-

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
激安カラコン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。