スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安物も侮れない!? 格安USB扇風機"IS-014"

もうだいぶ前から結構流行ってますよね>USB扇風機

元々は自由に空調機を置けないようなオフィスで涼をとるためなんでしょうけど
私は電子機器冷却用とするために購入

Amazonにて626円也

USB扇風機箱

USB扇風機中身

大きさ比較のためペンを並べて見ましたが相当に小さい。
電源ケーブルはUSB給電のみ対応
本体裏にはオン・オフスイッチのみで風量調節は無し

使い道としては
最近使っているSATA→USB3.0変換のHDDスタンド
たくさんHDDがある場合簡単に付け替えできるのでとても便利
HDD程度の速度であればほぼ内蔵しているのと変わらないし

でも問題なのがHDDの発熱

PCケース内ならファンを設置してあるのでそれほど気にはならないのですが
裸の状態とは言えやはりエアフローが無いとかなり熱が籠もります。
数時間ぶっ続けで稼働させてから触れると相当です。
触れないという程ではないにしても「壊れるんじゃね?」と思う程度には熱い。

HDDの健康状態などを監視する"Crystaldiskinfo"というソフトがあって
これで温度もモニタリング出来るハズ、なのですが
SATA→USB変換の基板によっては全く情報を読み取れない場合も

ウチで使っているロジテックの"LHR-2BDPU3"は思い切りそれでした。
コレばかりはどうにもならないので触ってみての定性的な感想ですが

HDDから30cmほど離れた場所から風を送って数時間動かしてから
手を触れてみても扇風機導入前のように"過熱"しているということはなくなった。
ほんのり温かい程度でこれくらいなら問題無さそう。


USB扇風機自体の感想としては
・音はかなり静かだと思う。
耳元に置くとかでなければ環境音に紛れて気にならない。
・風量は結構ある。
本来の涼をとるという目的であればデスク上に置いておけばそれなりに涼しい。

今回はなかなかよい買い物が出来たようです。
壊れたとしても安いので買い直せばいいやくらいの気持ちで使えそう。

参考URL:

Crystaldiskinfoダウンロードページ

ロジテック LHR-2BDPU3 商品紹介ページ

USB扇風機 IS-014 販売ページ(Amazon)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雷電

Author:雷電
パソコン弄りとアニメをこよなく愛するオッサン
だがどちらに対しても知識レベルはあまり高くないという残念仕様…orz
あまりテキトーなこと言ってましたらビシバシツッコミ入れて下さいっす。

好きなアニメ作品
神:のんのんびより
魔法少女まどか☆マギカ
名作:AIR(京アニ版)
CLANNAD(京アニ版)
良作:ひだまりスケッチ
きんいろモザイク

愛機
1号
CPU:core i7-4930K
M/B:ASUSTek SABERTOOTH X79
MEM:CFD W3U1600HQ-4G
2セット
SSD:CFD CSSD-S6T256NHG5Q
HDD:WesternDigital
赤4TB✕2
CASE:Corsair
Veangence C70
CPU Cooler:Thermaltake
NiC L32
PSU:SilverStone
SST-ST1000-P
VGA:玄人志向
RH5450-LE512HD/D3/HS/G2
TUNER:EARTHSOFT PT3✕2
PT2
ODD:Pioneer
BDR-208XJBK/WS

2号
CPU:core i7-5960X
M/B:ASUSTek
Rampage V Extreme
MEM:Kingston
HyperX Fury DDR4-2666 4GB*4
SSD:Crucial
CT256MX100SSD1
SANDISK SSD PLUS 128GB
HDD:WesternDigital Blue SSHD 4TB
CASE:Thermaltake
Core V31
CPU Cooler:Thermaltake
Water 3.0 Ultimate
PSU:ENERMAX EMR1500EWT
VGA:SAPPHIRE R9 290X
PowerColor R9 290X
(2基ともクーラーを
Raijintek Morpheusに換装)
TUNER:-
ODD:-

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
激安カラコン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。