スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画エンコード

う~ん、アマゾンで注文した電源
今日の18時くらいにやっとこさ出荷されました。
おっそ(~_~メ)
ということで到着は明日なのでお楽しみは延期に

とりあえず電源容量足りなくても出来ることは?と考える。
しばらく放ったらかしていた動画(ほぼアニメだけど(^^ゞ)をどうにかしようと

PCでテレビ番組を録画すると言っても二通りの方法?やり方?があります。

バッファロー、アイオー、ピクセラ等が出している”普通”のチューナーカードを使う方法
これだと各社が作った専用の視聴・録画ソフトが元から付いているし
録画時にリアルタイムで圧縮してくれるのでHDDの残り容量をあまり気にしなくていいかな
ただ、ソフトの出来が結構いい加減だったり、HDDに保存したままだと他のPCで再生出来なかったり
最近だとDLNAを使って別PCやBDレコ再生できるのもあると思うけども
HDDを別PCに繋ぎ直しても弾かれるし
Windowsをリカバリーやクリーンインストールすると十中八九もう二度と再生出来ません。

私も昔はアイオーのチューナーを使っていましたが
スリープ復帰でコケる、録画出来ても中身ブロックノイズだらけ
あと必要に迫られてWindowsを再インストールして泣く泣く、全録画データを破棄したことも
もうやってられっかヽ(`Д´#)ノ
という経緯で私はこの後説明する2つ目の方法へ移行しました。

2つ目の方法、”TS抜き”出来るチューナーカードを使う。
”TS抜き”とはなんぞや?という方はggって下さい。
法律的にグレーな感じなのでここから先は各自の自己責任でお願いします。
TS抜き出来るチューナーはそれほど種類が多くないので調べればすぐ分かるかと

TS抜きすると何がいいのか?
まず、一番大きなメリットはコピーフリーで扱えることですかね。
PCに保存してある普通のファイルとして扱えるのです。拡張子は”.ts”となります。
HDDを別PCに繋いでも、Windowsを再インストールしても(システムドライブと録画用ドライブが分けてあることが前提ですが)
特に何もしなくても普通に再生出来ますし、ダビング10が適用されないので何度でもBDに焼けたりします。
既にお気づきかと思いますが、このコピーフリーになることが法律的に問題あるかも?ということなのです。
TS抜きの状態だと無劣化でテレビ番組をいくらでも複製することが出来るため
メディアに焼いたりネットを通じて配布したり出来てしまうのです。
これをやると完全に犯罪です。ダメ、ゼッタイ。です。

2つ目はソフトを選べる。ということでしょうか。
私の知る限りでは視聴は一択ですが
録画については3種類ほど出回っていたと
その中から自分が使い易いものを選べるのです。
あとはその気になれば自分でソフトを自作することも出来ますね。
かなりの知識量とスキルが要求されるでしょうが不可能ではないはずです。
私のようなニワカPCユーザーはやろうとも思いませんがw

有志の方々が相当な時間と労力を注がれて開発し
その後も改善を続けているという状況ですので今あるソフトでまず不満はでないでしょうけども

主なところではこんな感じでしょうか。
続いてはデメリット。

1つ。テレビ視聴・録画環境を構築できるかは完全に自己責任。
TS抜きチューナーはサポートが一切ありません。
どのようにセッティングすればいいかは雑誌なりネットで情報を集めなければなりません。
あとソフトの収集も色々なサイトを巡る必要があります。
チューナー毎にwikiもあるのでそこに従ってやれば大抵何とかなるとは思いますが
たまにイレギュラーなトラブルも起こりますのでその辺を自分で調べて対処できる方でないと難しいです。

2つ。データ放送は非対応。
データ放送で天気予報や番組情報を見たり、クイズに参加したりは出来ません。
データ放送の仕組みはブラックボックス化されているようでソフト開発した強者達もお手上げだそうです。
これについては諦めるしかありません。

3つ。容量の自動圧縮は無し。HDD容量をかなり食う。
TSファイルは結構容量が大きいです。
地上波だと30分番組で3GB以上、BSのフルHD放送だと4GB以上必要です。
500GBのHDD程度ではあっという間に枯渇します。

さて、ここからが本日の主題です。
ということで必要になってくるのが動画エンコードという作業になってきます。
ざっくり言うとTSファイルをより容量が小さくて済むファイル形式へ変換するということです。
最近だとmp4という形式が一番ポピュラーなようです。画質と容量のバランスがいいのでしょう。
私も保存する動画はこの形式に変換しています。

動画エンコードは有料から無料まで様々なソフトが存在します。
有料ソフトはエンコード以外にも高度な動画編集も可能となっているものが多く
MAD動画とかを作る人はそういう機能を利用しているのでしょう。
しかし、単純に保管用にエンコードするだけなら無料ソフトで十分でしょう。
無料ながらもそこそこの編集機能のついたソフトも存在しますし

お手軽にいきたいのなら”Handbrake”というソフトがオススメ
設定項目もそれほど多くないので初心者でも扱いやすい部類です。
変換にかかる時間も短め
圧縮率は設定次第でしょうがデフォルのままだとあまり大きくは縮まないですかね。
画質は見れればいいや程度には仕上がるかな。

ちょっと本格的にやりたいのなら”Aviutl”
このソフトは単体ではほとんど意味を成しません。
プラグインと呼ばれるソフトを別途用意することでいろいろな機能を付加していきます。
まずまともに動かせるようにするまでが結構面倒です。
でも一度動き出せば便利なソフトです。

動画の一部を抜き出せるのでCMカットが出来ますし
私はやったことは無いのですがモザイクを掛けたり、文字を挿入したり、BGMを流したりなどetc...
自分のやりたいことに合わせてプラグインを探してくるのも面白いでしょう。
ホームビデオの編集にも使えるでしょうね。

さて本題の動画エンコードについて
このソフトでmp4変換をするにはx264guiexというプラグインを使用します。
これは設定項目が多く、設定次第で如何様にも出来ます。
根気のある方は画質と容量圧縮のバランスを納得行くまで突き詰めるのもいいでしょう。
私は面倒なので予め用意されているプリセットを使用しています。
いくつかある中の”アニメ(高圧縮)”を使用
”アニメ(高画質)”というのもあるのですが正直私の感想としては画質は変わらないですね。
ならその分、圧縮率を高めたいなと

このプリセットで30分アニメをエンコードすると18~25分程度で仕上がります。
ファイルサイズは600~1000MBくらいに
元が3000~4000MBあるので十分に小さくなっていると思います。
これをHDDに保存しておいて貯まってきたらBDに焼き出す。
1層、25GBのデイスクでもこれくらいのファイルサイズなら2クール分くらいは入ります。

さて、ここまで何気なく書いてきましたが
この動画エンコードという作業はかなりCPUパワーを必要とします。
私の使っているPC(8コア16スレッドで4.3GHz動作)だとAviutlで30分アニメが20分前後で仕上がっていますが
スペックの低いPCでやると3倍ではきかないかも?
なので高スペックPCを持っていない人は寝る前にエンコードを仕込んでおいて朝までに出来上がっていればいいな。
くらいの心持ちで居たほうがいいでしょう。
そんなに待てない!という人は先に紹介した”Handbrake”を使うしかないかな。

ここまで紹介してきてお分かりかと思いますが
TS抜き録画は手間が掛かります。
拘ればお金も掛かります。
実際に導入するかはそれらと享受できるメリットを天秤にかけて判断して下さい。
私は導入して正解だったなと思っています。

さてと、私は膨大に滞留しているTSファイルを処理する作業に戻るとします。
やっぱり高性能PCがあると作業の捗り方が違うぜ!ヒャッハー!!!

あと、最後に念押し。
テレビ番組を権利者の許可無く配信・配布することは違法です。
違法に配信・配布されたテレビ番組を試聴することも違法です。
ストップ!違法配信。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雷電

Author:雷電
パソコン弄りとアニメをこよなく愛するオッサン
だがどちらに対しても知識レベルはあまり高くないという残念仕様…orz
あまりテキトーなこと言ってましたらビシバシツッコミ入れて下さいっす。

好きなアニメ作品
神:のんのんびより
魔法少女まどか☆マギカ
名作:AIR(京アニ版)
CLANNAD(京アニ版)
良作:ひだまりスケッチ
きんいろモザイク

愛機
1号
CPU:core i7-4930K
M/B:ASUSTek SABERTOOTH X79
MEM:CFD W3U1600HQ-4G
2セット
SSD:CFD CSSD-S6T256NHG5Q
HDD:WesternDigital
赤4TB✕2
CASE:Corsair
Veangence C70
CPU Cooler:Thermaltake
NiC L32
PSU:SilverStone
SST-ST1000-P
VGA:玄人志向
RH5450-LE512HD/D3/HS/G2
TUNER:EARTHSOFT PT3✕2
PT2
ODD:Pioneer
BDR-208XJBK/WS

2号
CPU:core i7-5960X
M/B:ASUSTek
Rampage V Extreme
MEM:Kingston
HyperX Fury DDR4-2666 4GB*4
SSD:Crucial
CT256MX100SSD1
SANDISK SSD PLUS 128GB
HDD:WesternDigital Blue SSHD 4TB
CASE:Thermaltake
Core V31
CPU Cooler:Thermaltake
Water 3.0 Ultimate
PSU:ENERMAX EMR1500EWT
VGA:SAPPHIRE R9 290X
PowerColor R9 290X
(2基ともクーラーを
Raijintek Morpheusに換装)
TUNER:-
ODD:-

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
激安カラコン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。